08-nakamura-22.jpg

年金支払業務のパッケージシステム「ゆうゆう生保/年金支払」販売開始

住生コンピューターサービス株式会社が、年金支払業務をトータルにサポートする「ゆうゆう生保/年金支払」を販売開始のニュースです。

変額年金保険の取り扱い量が多くなるにつれて、このような業務パッケージが必要になってくるんでしょうが。
おそらくは、各社カスタマイズも必要になってくるでしょうね。

保険金支払い業務には正確性が求められますとありますが、確かに、保険金の不払い問題が発生したときには、システムのせいにされていた感がありましたので、今後、このような事態が発生しないためにも、住生コンピューターサービスにかかる使命も重大になりますね。

年金業務パッケージシステム「ゆうゆう生保/年金支払」とは?
 住生コンピューターサービスが、住友生命をはじめ複数の生命保険会社のシステム開発を担当した経験から、年金支払業務を適正かつ効率的に運営するために必要な機能を、コンパクトに集約したAll in Oneパッケージです。
3ヶ月程度の短期間、約2000万円からの低価格(ハードウエア・カスタマイズ費用除く)で導入できます。
住生コンピューターサービスでは、2007年度に5社の導入を見込んでいます。

http://release.japan.zdnet.com/release/abstract.html?release_id=16178

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。